脇 臭い ベタベタ汗

知らない人に体臭の事でバカにされました。

夏でも暑いお風呂に入っても、そんなに汗が出る方ではありません。
どちらかと言えば額や背中、ワキ部分がじんわり湿ってくる程度なので、臭い対策には無頓着になっていたんです。

 

20代前半の夏の事です、電車の中は人が沢山いて席も空いていないので私はつり革を持って立っていました。
すると私の後ろに居たらしい高校生達が、こそこそと話してくるのが聞こえたのです。
それが「あの○○の服の人、臭くない?」「本当だ、すっごい汗臭い」といった会話で、○○の服は正しくその時私が着ていた洋服の特徴とピッタリでした。
私の事を言ってるんだと恥ずかしくなって目的の駅に着く前にすぐ降りて、そのまま駅のトイレへ行きました。
そして自分の服を臭ってみたのですが、確かにちょっと汗のようなツンとした臭いがします。

 

急いでドラッグストアへ行って臭い対策グッズを買って帰りました。
それ以来洗剤は汗の匂いの落ちると評判の物を使ったり、冬でも必ずワキや背中にデオドラントを塗るようにしています。
後は食事のメニューを変えて体の内側から消臭対策しようと考えていますが、時々体臭の事を思い出しては「また臭っているんじゃないか」と不安になる事があります。

 

 

夏場のきつい体臭

 

体臭はかなり強い人でも、自分では気づいていないことが多いようです。私が以前つらいなと感じたのは、夏場に知り合いの人が遊びに来てくれたのですが、その人の旦那さんがかなり強いワキガだったことです。夏場で汗も多くかくからだとは思うものの、近くに行くと目が痛くなるぐらいの強い体臭で、せっかくの楽しい時間もその臭いが気になってなしまい内容も良く覚えていません。子供たちも一緒に来ていましたがまったく平気なようで、家族は体臭に慣れてしまっているのだなと感じました。
そのほかで他人の体臭で困ったことは電車に乗っているときに、隣の席に座った女性の口臭が驚くほどきつかったことです。このときはさすがに我慢ができなくなり、降りるふりをしてそっとその場を離れました。このときも家族らしい人たちが一緒だったのですが、まったく気にしていないようで、慣れるとこれほど強い臭いもわからなくなるのだろうかと不思議に感じたものです。もちろん本人も気づいていないようでしたが。